• ホーム
  • ネキシウムに副作用はあるの?

ネキシウムに副作用はあるの?

おなかが痛い男性と胃のイメージ

ネキシウムは主に胃の働きを改善する薬でよく使用されています。
多くの場合、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃酸過多等の治療に使用されます。
誰にでも効くのが特徴で、副作用が少ない薬です。

胃酸の分泌を抑えるため、主に逆流性食道炎に使われますが、この他胃がんの原因でもあるピロリ菌の除菌を助ける働きもあり、解熱鎮痛剤の作用やアスピリンなどの服用によりおきてしまう胃潰瘍にも良く効きます。
逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流し、強い酸性にさらされるため食道に炎症が起きてしまう症状です。
胸やけがしたり、胸のつかえ感があり、特に横になった時に胸やけがひどくなるのが特徴です。

胃酸はストレスや胃腸の機能が低下した時に多く分泌されるためストレスをためず、胃の働きを正常にする必要があります。
ネキシウムはプロトンポンプと呼ばれる胃酸を分泌する物質の働きを妨げる作用があります。
胃酸の分泌をコントロールすることができるので飲み始めると比較的早くに効果が現れます。

ネキシウムを逆流性食道炎改善のために使用した場合、服用の期間は8週間までです。
ネキシウムの作用が強いため逆流性食道炎の治りが早いので再発に注意しながら継続して飲みましょう。
8週間以上服用し続けると消化不良などを引き起こし、逆効果になってしまいますので注意しましょう。
1日に1回一錠飲むだけで効き目が現れるので用量用法は守りましょう。

副作用としては便秘や下痢といった腸の症状や味覚障害、頭痛、めまいなどが起こることがあります。
消化不良を引き起こした際は、結果として軟便や下痢となって現れます。
便が溜まりやすくなるので、便秘にもなりやすくなります。
ガスがたまると腹部に圧迫感が起こり、空気が上に行きたがるので逆流を誘発してしまうという悪循環のケースも起こりえます。
軟便や下痢の場合でも、便秘の場合でもこの副作用は出やすいので、水分補給を欠かさないようにすることが必要になります。

肝機能の数値に異常が見られた場合は発疹が出ることもあります。
重篤な副作用としてはアナフィラキシーショックやせん妄、間質性肺炎、むくみや吐き気、尿が泡立つ、尿量が少ない、白目が黄色くなるなどがあります。
ネキシウムは副作用が少ないため、めったに重篤になることはないですが、肝臓の働きが悪い場合はネキシウムを使用すると血中濃度が上がりやすくなります。
長く使用する場合は定期的に肝機能や腎機能を血液検査によって行う必要があります。
医師の判断の下適切な服用が求められます。

関連記事
人気記事一覧