• ホーム
  • 善玉菌を増やしたいなら食物繊維とオリゴ糖

善玉菌を増やしたいなら食物繊維とオリゴ糖

胃はとてもデリケートな存在で、少しのことで具合が悪くなったり、不快感を感じられるようになります。
不調が続くと、日常生活に支障をきたしますので、できるなら病院で検査を受けたり、市販薬で症状を改善するのがおすすめです。

ネキシウムという薬は、胃酸過多の症状によく効きます。
医師の処方箋が必要な薬ですが、一般の市販薬よりも高い効果を得られるのが魅力です。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気から、逆流性食道炎の治療、ピロリ菌を減らす効果も持っています。
胃酸をコントロールして、胃の調子を整えてくれます。

胃と繋がっているのが腸です。
腸も調子を落としやすい内臓として知られています。
腸の中には、たくさんの菌が潜んでいます。
それらの菌は、しばしば善玉菌と悪玉菌とに分けていわれることがあります。
この2種類の菌のバランスが崩れることで、様々な不調を招きます。

ポピュラーな症状としては、便秘や下痢です。
善玉菌が減少し、悪玉菌の割合が多くなると、これらの症状が見られることが多くなっています。
善玉菌を増やすには、善玉菌の栄養になるものを摂取することが重要です。

食物繊維とオリゴ糖がこれにあてはまります。
さつまいもや豆類、ゴボウ、キノコやこんにゃくに食物繊維が豊富です。
オリゴ糖はタマネギやバナナ、とうもろこし、牛乳、はちみつなどに含まれます。

胃腸の具合が悪い時には、できるだけ消化のよい食べ物を摂取するようにします。
おすすめなのがゼリーです。
胃腸が悪いと食欲が落ちてしまいますが、ゼリーであれば手間なく食べられますので、辛い思いをすることなく飲み込めるよさがあります。

味付けのあるものが多いですので、美味しく食べやすいのもメリットです。

関連記事